厚生労働省|障害者芸術文化活動普及支援事業

厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業連携事務局

まちなかをアフロのカツラや帽子をかぶった派手な衣装の人たちが楽器を持って練り歩いている写真 分厚いダンボールに緑色の絵の具を素手で塗り広げている子どもの手元が写っている写真 スポットライトの当てられた作品が枕の上部に展示されたホテルの部屋の写真 黄色とオレンジの固いヒモのようなもので作られた被り物をして踊る人たちの写真 壁に展示された個性的な人形を前に語る人の写真 画面の右から左に飛び出しそうな勢いある人たちが映る躍動的な写真 絵筆をもった3人の子どもがキャンバスにカラフルに塗っている写真 頭にお皿を乗せた人や様々な衣装をきた人が舞台に並んでいる様子を写した写真

「障害のある人」と「アート」
にかかわるすべての人へ。

障害者芸術文化活動普及支援事業は、障害のある人が芸術文化にふれ、楽しみ、深めることができる社会づくりを推進する中間支援事業です。

美術館で名も無い天才の絵画に対峙するとき、ある日の食事介助の出来事、劇場で麻痺のある身体を震わせながら踊る光景、日常の集め続ける行為そのもの、喜びを声いっぱい体いっぱい表すのを見たとき…
人が自分の身体を生きる過程で生み出したものやこと「芸術文化・アート」は、⼼を強く揺さぶり、誰かを救う瞬間があります。
多様な身体、環境に生まれた⼈が、それぞれの地域で幸福を追求し、自分らしく生きることができる社会を目指して、障害のある人の芸術文化の普及を推進していきます。

アトリエのような場所で作品を創作する人と作品を見ながら話をする人たち

つながる・ささえるネットワーク

2021年度に事業に取り組んでいる支援センターがある都道府県に色のついた概略的な日本地図

全国都道府県に「障害者芸術文化活動支援センター」を置き、障害のある人にとって身近なところで芸術文化活動の支援を行っています。各地の支援センターの情報は支援センターページをご覧ください。支援センターが設置されていない地域では、該当ブロックの「障害者芸術文化活動広域支援センター」が対応します。

2021(令和3)年度に事業に取り組んでいる支援センター・広域センター
※2022(令和4)年度の支援センター・広域センターについては決まり次第情報更新予定です。

[北海道・北東北ブロック:広域センター

北海道・青森県岩手県・秋田県

[南東北・北関東ブロック:広域センター

宮城県山形県福島県・茨城県・栃木県・群馬県

[南関東・甲信ブロック:広域センター

埼玉県千葉県東京都神奈川県山梨県・長野県

[東海・北陸ブロック:広域センター

新潟県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県三重県

[近畿ブロック:広域センター

滋賀県京都府大阪府兵庫県・奈良県・和歌山県

[中国・四国ブロック:広域センター

鳥取県島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県香川県愛媛県高知県

[九州ブロック:広域センター

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県・鹿児島県・沖縄県

連携事務局からお知らせ

ページのトップへ戻る